浜松市で妊娠率50%以上。不妊治療なら出産・産後までサポートする当院へお任せください。

体のメンテナンス Reset


不妊治療は体外受精が最後じゃない!?

Resetの鈴木です。

みなさん、不妊治療というと、
タイミング → 人工授精 → 体外受精(または顕微授精)
と順を追ってやるものだと考えていませんか?

妊娠・出産するには
排卵 → 受精 → 着床 → 発育
の過程が必要です。体外受精が最終手段のように考えている人もいますが、
体外受精はあくまで「受精」のお手伝いであって、
これらをすべてカバーするわけではありません。

◆いい卵が排卵しない。着床しない。
◆体外受精を何回やっても妊娠できない。
◆妊娠しても育たない。

これらは、結局、体質の問題があります。
「排卵」「着床」「発育」に関しては、体質が大きく影響します。
注射や薬でこれらをコントロールするのは
足りないホルモンを注入したり、
ホルモンを放出する器官を強制的に刺激することで補います。
これらは、本来、自分の体の意向とは違って、あくまで強制的に行われるため
体にはそれなりの負担が掛かっています。
しかし、体質改善とは違って、比較的早く結果が見えるというメリットもあります。
(ここでいう結果とは、最終的な妊娠・出産ではなく、
排卵・着床などの途中経過のこと。排卵しない人を排卵させたなど。)

体質改善は、これらの治療とは違って、少し時間がかかります。
各臓器などを、ピンポイントで狙うのではなく、
何十年と積み上げてきた体全体の状態を整えていくためです。

しかし、一度体質が変わってくれれば、すべてがうまく回るようになります。
そうしたベースを作ったうえで、必要ならば人工、体外などの「受精」の
手助けを借りて妊娠を目指す!
その方が近道だと私は考えます。

ちなみに「受精」に関しては、
”質の良い卵”は体質が影響しますが、それだけでなく、
”適切な時期に精子と卵子が出会う”必要があり、
タイミングの問題も大きくあります。

タイミングの話はまた次回詳しくお話ししますが、
ここの問題も結構大きいと思いますので、
排卵日が確定できない人は、病院を併用することを当院では
勧めています。


話がそれましたが、妊娠・出産するためには
「受精」がすべてではないです!
何回も体外受精してる人でも
まだまだやれること(やらなきゃいけないこと?)はあります!

違う視点からアプローチしてみてください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

体のメンテナンス Resetのご案内

住      所:

<本店>
〒430-0941
浜松市中区山下町96-2
<satellite office>
〒430-0929
浜松市中区中央1丁目13-1-301

アクセス:

駐車場3台有 遠州病院から徒歩5分 元浜町バス停目の前

お問い合わせ・ご予約
053-489-3630
受付時間:
10:00~20:00(土曜日のみ~19:00まで)途中昼休み有り
定休日:
日・月・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ