浜松市で妊娠率50%以上。不妊治療なら出産・産後までサポートする当院へお任せください。

体のメンテナンス Reset


妊娠と贅沢、どちらが優先ですか?

台風で壊れた看板などの後処理など、やることがたくさんあり、ようやく落ち着いた感じがあります。人は誰でも、通常の生活に戻るまでは心のどこかに違和感を持ち続けます。
避難所生活の人たちは、これが長く続いているわけですよね。避難所に住み、一通りの最低限のものはそろい、とりあえずの生活ができても、最終的には自分の家が元に戻り、被災前の生活が完全に戻るまでは何かとやることが付いてきます。いつかは退去しないといけない住宅の問題や、お金の問題、あるいはケガなどの身体的な問題も抱えたかもしれません。
「とりあえずは落ち着いた」「ボランティアのみんなに感謝します」「贅沢は言っていられない」とは言っても、常にこれらの問題が頭の片隅にある状態、これがストレスになります。それでも前を向いて進まないといけない。頭が下がります。
  1. 生死に係わる問題は誰でも必死に頑張ります
  2. 安全が確保されたら普通の生活を目指します
  3. 普通の生活が確保できたら、次は贅沢を望みます
  4. 贅沢に上限は無く、更なる贅沢を望みます。心が完全に満たされることはありません
人は、一度上へあがると、下へ戻ることを極端に嫌います。3の贅沢を覚えた人は、2の普通の生活には戻れなくなります。特に女性はその傾向が顕著にあります。
でも、達成したい目標があれば、期限を決めて普通の生活に落とすことは、そんなに嫌なことですか?1の生死に係わる問題は私も嫌ですが、普通の生活ができれば私は贅沢しなくても目標を優先したいと思います。

少し回りくどい言い方になってしまいました。妊活の件に話を変えます。

今、夫婦共働きで、例えば世帯年収600万円だったとします。夫婦の目標として「子供が欲しい」とあれば、年収キープして今の生活をキープするよりも、妊活に重点を置いて、妊活にかける時間や想いをもう少しだけ増やしませんか?
夫は普通に働き、妻は仕事のペースを落として、世帯年収500万円になったとしてでも、贅沢しなければ十分生活できます。「1年間はそれで頑張る」など、期限を設けておけば、その目標が本気であればそれほど苦ではありません。我が家はそのようにやってきました。
確かに収入は減って、支出は増えるかもしれません。でも、節約を楽しめるようになれば、それだけの心のゆとりがあれば、妊娠する日も近いと思います。
  • 野菜を自分で育てて食費を節約。発育を観察するのが楽しみ
  • 家にいるとダラダラお菓子食べながらテレビを見ちゃうから、外に出て散歩する。公園で30分ボーっとする(電気代・お菓子代の節約になり、体も動かせるから体にもいい。ダイエットにもいい)
  • どうせ時間はあるし、自転車で毎日行動しよう(運動にもなるし、ガソリン代の節約にもなります。普段気づかなかった面白いお店など発見があるかも)
すべての出来事が考え方次第で、プラスにもマイナスにもなります。

妊娠・出産に対する価値観は、各家庭によって違います。夫婦間でも違います。どれだけ本気で望んでいるかによりますが、こういった行動に起こす日が早ければ早いほど、結果も早く出てきます。そして、若い方が確率も高まります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

体のメンテナンス Resetのご案内

住      所:

〒430-0941
浜松市中区山下町96-2

アクセス:

駐車場3台有 遠州病院から徒歩5分 元浜町バス停目の前

お問い合わせ・ご予約
053-489-3630
受付時間:
10:00~20:00(土曜日のみ~19:00まで)途中昼休み有り
定休日:
日・月・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ