妊娠率およそ50%。浜松市で不妊治療のサポートならReset(リセット)へお任せください。

体のメンテナンス Reset


"差"をつける

nouondo.jpg
今週はいくつかの番組で「脳温度」について特集されていました。暑い日が続き、睡眠の質を高めるために特集されていますが、睡眠に限らず、脳をしっかり休めるということは体にとってとても重要です。

鼻の奥には副鼻腔などの空洞が多数あり、またそれらは脳に近い位置に存在します。そのため、鼻から冷たい空気を吸って、口から出すことで、脳を効率よく冷やすことができるということです。冷やすというと語弊があるかもしれませんね。余分な熱を放熱させるといった方が正しいでしょうか。そうすることでぐっすり眠れるようになるとのことです。
テレビ朝日のモーニングショーでは、男女差の温度差の違いなどもやっていました。TBSのあさチャンでも同じような特集をしていました。

不妊治療中の方は体を冷やさないように心掛けている人がたくさんいます。でも、温め過ぎは厳禁です。冬に湯たんぽを利用するのは勧めていますが、電気毛布などで一晩中ずっと温めていることは私は反対しています。卵胞が育つ上で余分な熱をしっかり放熱しないといけない時期もあります。活発なとき(温)と休める時(冷)の差が大事にもなります。高温期と低温期の差も重要です。
脳も臓器もオンとオフをしっかり付ける。
  • ずっとストレス抱えているよりも、息抜きに旅行へ行く(近場でいいです)
  • 不妊治療をずっと続けている場合は、一度休憩入れる
  • ずっとスマホをいじっていないで、目と脳を休めるためにも旦那さんと楽しいトークをする
妊活に限らずですが、オンオフの差をつけることも意識しましょう!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

体のメンテナンス Resetのご案内

住      所:

〒430-0941
浜松市中区山下町96-2

アクセス:

駐車場3台有 遠州病院から徒歩5分 元浜町バス停目の前

お問い合わせ・ご予約
053-489-3630
受付時間:
10:00~20:00(土曜日のみ~19:00まで)途中昼休み有り
定休日:
日・月・祝

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ